無職 ブラック キャッシング

お勧め3社

大手の貸金業者と言えば、銀行系カードローンがあげられますが、大手銀行系カードローンは他社のキャッシングに比べて審査がやはり厳しめ。
大手以外の業者というのはどのような会社があるのでしょうか。
大体以外で人気の消費者金融をご紹介させていただきます。

お勧め3社

クレカサポート

■「クレカサポート」はクレジットカードをお持ちであればどなたでもご利用がいただける業者です。
クレジットカードのショッピング枠を利用して現金化するサービスです。
金融機関では御座いません。保証人・来店・審査は不要です。全国どこからでもお申込み可能です。
申し込み方法は、ホームページより申込後、クレジットカード決済を済ませるだけです。
返済方法もご利用頂いたクレジットカードの返済方法に合わせ無利息の一括払いや、リボ・分割払いで返済できます。
キャッシングではございませんので履歴に残りませんし、家族・恋人に内緒でお金を借りることも可能です。
今すぐ現金が必要な方、最短10分でお振込み致します。

※「クレカサポート」の現金化サービスは、消費者金融ではございません。クレジットカードをお持ちであればどなたでもご利用いただけるサービスです。審査に関しては、クレジットカード名義の本人確認以外はございません。即日でのご利用はもちろん、お振込みまで最短10分と、大変便利なサービスです。
ベルファン

■「ベルファン」は上記の「クレカサポート」同様、クレジットカードさえ持っていればどなたでも利用いただけます。
即日でもお振り込み可能で、土日祝日でもご利用いただけます。
審査無用・即日入金・来店不要の三拍子が揃ったお勧めの業者です。創業24年を迎え、来店プランなども用意しているので安心できる業者です。

※「クレカサポート」の現金化サービスは、消費者金融ではございません。クレジットカードをお持ちであればどなたでもご利用いただけるサービスです。審査に関しては、クレジットカード名義の本人確認以外はございません。即日でのご利用はもちろん、お振込みまで最短10分と、大変便利なサービスです。
中央リテール

■「中央リテール」は借り入れを一本化するおまとめローンで有名な業者です。
多重債務でお悩みの方や、新たな借り入れが困難な方は一本化して返済に力を入れましょう。
利率を見てもらえばわかりますが、上限金利がかなり低くなってます。他社の金利によっては、まとめることで支払い額が減額になることもあります。
返済先が多く、返済日に追われる日々から抜け出す策として相応しいサービスです。精神的にも楽になることからメリットの多いサービスですね。

※無担保での借り入れ以外にも、不動産担保ローンもあるので、審査基準はそれぞれ変わってきます。無担保でのおまとめローンの場合は、申し込みから融資までが最短で1日。不動産担保ローンの場合は、融資まで最短4日とあります。
営業時間は平日9:00~18:00となっております。お急ぎの方は早めに申し込むことをオススメします。

以上が私のお勧めの大手以外の3社です。

ブラックリストの期間は?

「自分はブラックリストになってしまった。ブラックリストの情報はいつ消えるの?」
という質問をネット上でよく見かけます。

「どこからも借り入れが出来ない」

「自分はブラックリストに入ってしまったのか・・・」

「いつになったら借り入れが出来るのだろうか?」

となれば、このような質問に至るのは自然な流れですね。
まず、「ブラックリストとは?」の記事でもご説明した通り、実際にブラックリストという物は存在しません。

通常、借入の申し込みをすると、信用情報機関という機関に
その情報が6ヶ月間登録されることになります。
これは、ブラックリストではなくカードの申込をする際の
「申し込み履歴」のようなものです。

クレジットやローンの新規申込みにおける支払能力を調査するため、
加盟会員が照会した事実を表す情報機関です。
ここでは、

氏名、生年月日、郵便番号、電話番号等
照会日、商品名、契約予定額、支払予定回数、照会会社名等

がチェックできることになってます。
この情報は6ヶ月経つと自動的に消えます。

申込情報では無く、返済遅れ貸し倒れ、踏み倒しなどによる
事故情報(いわゆるブラックリスト)はどれくらいの期間残っているのか?
というのが一番知りたいわけですが。

返済期間の軽い延滞程度であれば、登録期間は2年程度となりますが、
延滞が3ヶ月以上続いたり、貸し倒れ、踏み倒しを行った場合は
金融事故として5年~7年程度はリストから末梢されないようです。

▼ブラックリストに載る条件▼
返済期間の延滞(軽い部類とされる。2年程度で末梢)
延滞期間が3ヶ月以上続く(5~7年でリストから末梢)
借金の貸し倒れ(5~7年でリストから末梢)
借金の踏み倒し(5~7年でリストから末梢)

当然と言えばそうですが、借りたお金をキチンと返さない人は信用を失い、
ブラックリストに載せられてしまいます。

一度審査が通らなかった所は
何年経っても2回目の審査は通りにくいということもあるようです。

申し込みを無駄撃ちしないで、しっかりと選んで申し込みをすること、
ということですね。

そんなブラックリストに載ってしまった方は
下記のサイトがお勧めです。どのような会社があるかチェックしてみましょう。

>>おすすめ中小消費者金融一覧

キャッシング ブラックでも借りれる?

ブラックだけど・・・借り入れできるところはあるだろうか?

ブラックリストという存在自体が無いので、なんとも言いがたいですが、
事故情報があったとしても借りやすい会社と、そうでない会社はあります。

基本的には、大手の会社は審査が厳しく、それ以外の中小系の消費者金融などは
大手に比べると通りやすいようなイメージですね。

なぜ、中小消費者金融の審査は甘いというようなイメージがあるのでしょうか?そして、実際に甘いと言われております。
みなさんも、イメージだけで甘いというように捉えてますが、実はちゃんとした理由があります。


まず、初めてキャッシングの利用をする時、いきなり中小消費者金融から借り入れることは中々無いと思います。最初はまず、大手の銀行系カードローンなどから借り入れる方が金利も低いし、何より安心ですからね。

そして、借り入れ額や件数が増えてくると、大手では借りれなくなってきます。
そうなると、次に狙うのは中小消費者金融になるわけです。

中小消費者金融側も、こういった消費者の利用の流れを把握しているわけですから、必然的に審査基準を大手よりも下げないことには顧客を獲得することが出来ませんからね。
これがまず審査が甘いと言われる大きな理由の内の一つです。


もう一つの理由は、中小消費者金融は、信用情報機関の照会を利用出来ない、もしくは利用していないことが多い、ということが挙げられます。

信用情報を照会するということは、アナタの今までの借入履歴や現在の借入状況などを照会し、今後の貸付における重要な情報になります。そしてそれと同時に、自社の利益を守るためにもとても重要な方法となります。
では、なぜ信用情報機関の照会をしないのか?

信用情報機関を照会、登録するためには、各都道府県の貸金業協会会員にならないといけないのです。
協会加入にあたっては、加入金20万円を支払い、さらには会費があります。会費の額は、協会員の資本金、貸付残高、店舗数を基準に算出されます。

資本が少ない中小消費者金融にとって、入会するメリットがあまり無いのです。そのため、貸金業協会に入らない業者も少なくはありません。というのも、全国の約6割の業者は、貸金業協会に加盟しておらず、全て自社審査のみで行なっているのです。

こうなると、顧客の借り入れ状況はもちろん、他社の借り入れ状況なども見えませんから、どうしても大手より審査が甘くなってしまいます。これが二つ目の理由です。

また、ここで注意したいのは貸金業協会への登録は必須というわけではなく、貸金業の登録を行っており、法律に則った金利を実行していれば、別段、違法業者、悪徳業者というわけではないのでご注意ください。

このように、中小の消費者金融では、個人の人となりを見て判断している部分が大きく、審査基準も大手より低く設定しているわけですが、その分、金利は高くなり、返済に苦労するのは言うまでもありません。

いくら、貸してくれるからと言って、安易な借り入れは禁物だと言えるでしょう。

おすすめ中小消費者金融一覧